運動・筋トレするより効率的にダイエットをする方法【NEAT理論】

NEAT ダイエット

ダイエットを成功させるためには、身体の機能を整えておくことが大切です。

 

なぜなら、細胞は炎症を起こしていたり、腸内環境が悪くて便秘だったり、食欲のコントロールがうまくできない状態では、一時的に痩せてもリバウンドするのは確実。

 

もう嫌だ、こんなに頑張ったのに成果がでない、と思うことも。

「ダイエットをします!」と宣言したのに、運動もしているのになぜか痩せない。

それは、身体に備わった機能をうまく使えていないからです。

そのためには様々な方法がありますが、最近の研究ではNEAT(ニート)を高めると、運動や筋トレより効率的にダイエットできると注目されています。

 

NIET(ニート)とは

NEATとは通勤や通学、階段昇降、掃除洗濯など日常生活場面そのもので消費するエネルギーのことです。

日常生活でのエネルギー消費ってたいしたことないんじゃない?と思いますよね。

でも、実は消費エネルギーの高いは運動よりNEAT(ニート)の方だったのです。

 

消費エネルギーの高いもの

・基礎代謝(約60~70%)

・NEAT(25%)

・食事(10%)

・運動(5%)

 

 

 

✓ 基礎代謝(約60~70%)

基礎代謝は、安静にしていても消費するエネルギーのことです。

筋肉を増やしたり、褐色脂肪細胞を活性化させることで、基礎代謝はあがります。

 

褐色脂肪細胞を活性化する方法

簡単ダイエット方法【我慢せずに痩せるには褐色脂肪細胞の活性化】
ダイエットがうまくいかないと悩んでいる人が、身体の準備が出来ていないせいかもしれません。ダイエットを成功させる秘訣は痩せやすい身体作りから。身体の機能を利用して、我慢するだけのダイエットからさよならしませんか。

 

✓ NEAT(25%)

出典:医療法人鉄蕉会医療ポータルサイト

 

2005年アメリカのサイエンス誌NEATの高い人は、NEATの低い人より、1日の消費カロリーがお茶碗2杯分(350キロカロリー)多いとのデータがあります。

この消費エネルギーの差は、1週間まとめると2,450キロカロリーでフルマラソンに匹敵する程。

週末にマラソンするより、ずっと消費エネルギーが多いことがわかります。

 

 食事(10%)

食事をしても、エネルギーは消費されます。

食事誘発性熱量の高い、タンパク質を多く摂ることは、食事による消費エネルギーを増やすことになります。

 

食事誘発性熱産生量

基礎代謝を上げる食事でダイエット効率をあげよう【食事の熱産生量】
基礎代謝は食べるものによって変わるということをご存知ですか?「食事誘発性熱産生」はタンパク質が30%、糖質が6%、脂質が4%です。体熱を上げるということは、寝ていてもカロリーを消費するということ。タンパク質多めの食事にすると、熱エネルギーに変換されやすく冷え性改善の作用も期待できます。

 

✓ 運動(5%)

運動による消費エネルギーは、実は5%程度しかありません。

効率的に運動をするなら、筋肉をつける筋トレか、腸にも脳にもいいリズム運動をすることが、ダイエットの成功率をあげることになります。

 

消費エネルギーをアップする運動方法【心拍数が決めて!】
運動には「脳にいい運動」と「腸にいい運動」があります。消費エネルギーを高めるには、リズムのある有酸素運動【脳にいい運動】と筋肉運動【腸にいい運動】の組み合わせが最適です。短時間でできるHIITの手法も取り入れたボクササイズもあり、この時期から運動を始めたい人にはおすすめの方法です。運動を習慣化する方法についても紹介しています。

 

まとめ

ダイエットの成功率をあげるためには、まずは自分の消費エネルギ―をあげることを考えて行く方が効率的です。

ちょっとスーパーまで買い物するのにも、「めんどくさいからamazonでいいや」と言っているとエネルギーを消費することができません。

コンビニやスーパーに行くときも、意識して早足であるくなどすれば、それだけで消費エネルギーを増やすことができます。

荷物を持つことは、筋トレになります。

(人がいないときは、荷物を上げ下げすれば、ダンベル運動してるのと同じことです。)

太ることがエネルギーの貯蓄なら、痩せることはエネルギーの消費。

少しずつ消費エネルギーを増やしていけば、1週間でフルマラソン程度のエネルギーは消費できるんですよ。

タイトルとURLをコピーしました