スポンサーリンク
ダイエット

腸内環境を整えるボーンブロススープ【痩せないのはリーキーガットが原因?】

ファスティングダイエットのお供に最適なボーンブロススープ。ボーンブロススープの力はそれだけじゃないんです。ボーンブロススープに含まれているコラーゲンが腸内の穴を修復してくれる作用も期待できます。腸内の穴って何?腸内の穴「リーキーガット」で痩せない理油について解説していきます。
ダイエット

【ボーンブロススープをアレンジ】脂質を増やしたケトスープのレシピを紹介

ボーンブロススープをベースに作るケトスープのレシピを紹介。ケトスープの特徴は具沢山、脂質量が多いということ。オイルやバター、チーズや生クリームを使って脂質量をあげていくことがポイント。具沢山で食事にもなるので、ケトジェニックダイエットには欠かせないスープです。ボーンブロススープをベースにするので、微量栄養素も摂れます。
ダイエット

【腸の美容液】痩せたいならこれを飲め!【解決策はボーンブロススープ】

ダイエットのお供にボーンブロススープを使う人が増えてきています。その理由はファスティングを行うときに、どうしても空腹感が抑えられなかったり、栄養素不足が起きたりすることを防げるから。ファスティングを行うとオートファジーが作動して健康効果も得られます。簡単ボーンブロススープレシピも紹介しています。
ダイエット

【もうひとつの痩せホルモン】簡単!GLP-1メディカルダイエット

食事制限をすることのないダイエットとして注目されている「GLP-1ダイエット」 もともとは糖尿病患者のため、血糖値をコントロールする薬として使用されてきました。 でも、 GLP-1ホルモンがダイエットに使える仕組みと食事でもGLP-1ダイエットが可能な理由について解説していきます。
ダイエット

ケトジェニックダイエットに必要な水分補給方法【ケトフルー対策にもなる】

ケトジェニックダイエットを行うと水分不足になることが。その理由は、ケトジェニックダイエットは食事からとるエネルギー源の糖質の割合を5%程度に制限しているからなんです。 ケトジェニックダイエットのように、 糖質を制限すると水分不足になりがち。 ケトジェニックダイエットを行う場合はこまめに水分補給をするようにしましょう。
ダイエット

筋トレに必要な栄養素【水を貯めてくれる糖質は必要であるその理由】

筋トレをして筋肉をつけたい人にとって必要な栄養素 ・タンパク質(プロテイン) ・ビタミン ・ミネラル こういった成分はすぐに思いつきますよね。 でも、実は筋肉をつけたい人にとって、『糖』も必要な栄養素なんです。糖はグリコーゲンを貯めたり、インスリンの分泌を促したりしますが、これが筋肉合成のスイッチを入れてくれるのです。
ダイエット

【ファミマで買える】スーパー大麦バーリーマックスおにぎりでコンビニダイエット

オートミール超えの健康大麦 「スーパー大麦バーリーマックス 」 スーパー大麦を使った商品数も続々増えてきています。 スーパー大麦バーリーマックスの特徴は、なんといっても腸内細菌叢の改善効果が高いこと。 最近では、【腸脳相関】という言葉もきかれ、腸内環境を良くすることで脳の機能もアップするという考え方。
ダイエット

【肥満遺伝子】をチェックして自分に最適なダイエット方法を知ろう!

肥満には6つの遺伝子が関わっていて、遺伝子を調べることによって 「何が原因で太り安いのか」 がわかるようになっています。 特に3つの要素は、【糖質・脂質・タンパク質】 の3つのエネルギーの代謝に関わる遺伝子なので、重要な要素となってきます。 この肥満遺伝子を調べることで、肥満の原因は3つに分けることができます。
ダイエット

ダイエットに必要な水分補給【こまめな水分補給と急速な水分補給】

ダイエットに必要な水分補給と運動するときに必要な水分補給に違いがあります。 水分は身体から失われる水分量を毎日補給しなければなりません。 ダイエットに必要なのはこまめな水分補給。 こまめに水分補給をすることで、水分と一緒に摂った方が良い糖質を減らすことができるので、ダイエットではこまめに水分補給をしていきましょう。
プロテイン

プロテインの使い分け方【ホエイ・カゼイン・ソイプロテインの違い】

プロテインは原料やタンパク質の違いから、 ホエイ・カゼイン・ソイの3種類に分けられます。 この3種類の特徴と、使い分け方について解説していきます。 ホエイプロテインとは ホエイプロテインの原料は牛乳です。 牛乳の20%がホエイプロテインになります。 吸収が早いプロテインとして、筋トレとは相性の良いプロテインです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました